サポート掲示板
HOME  □ MANUAL  □ 新着記事  □ 新規投稿
ツリー表示  □ 記事全文表示  □ SEARCH  □ 過去ログ
親記事5件分を全文表示
1233/ カメレオン君へのお礼と希望
・投稿者/ classicjumbo -(2021/11/26(Fri) 10:15:04)
・URL/

    【ソフト名】カメレオン君

    【バージョン】2003/9/9 Ver1.50

    【使用OS】WINDOWS10

    【PC機種】自作

    【質問内容】
    はじめまして。
    カメレオン君は、本当に初期から長年愛用させていただいています。
    ありがとうございます!

    Windowsバージョンの何時頃からか、デスクトップ画像を背景にするスクリーンセーバー
    (例えば、標準でついていたシャボン玉のbabbles.scr)をWindowsのスクリーンセーバ設定タブに追加し起動させると、
    デスクトップ画像でなく、真っ黒な背景画像にシャボン玉が浮遊してしまいます。
    (Windowsのスクリーンセーバ設定タブでのプレビューでは、デスクトップ画像の背景にシャボン玉が浮遊するのですが…)

    カメレオン君をWindowsのスクリーンセーバ設定タブに追加して起動させても同様です。


    Windowsのスクリーンセーバ関係の仕様が変更されたのでしょうか?

    そのため、
    他にもデスクトップ画像を背景に利用するスクリーンセーバーがいくつかあり、これを楽しむときは、
    カメレオン君単体に登録し、ダブルクリックで起動させています。

    (カメレオン君単体に上記babbles.scr等を追加し、kamereon.scrをダブルクリックで起動させると、
    私の希望どおり、デスクトップ画像を背景にシャボン玉等が浮遊します)

    液晶モニターとなり、さらに省エネでスクリーンセーバーの存在意義の議論もありますが、
    もし可能であれば、

    1.カメレオン君に常駐モードがあり、PCの無操作時に設定時間で自動起動してくれるようにならないものでしょうか?
    (そうすれば、Windowsのスクリーンセーバー機能をOFFとして、カメレオン君を代わりに使えそうなのですが)
    又は、
    2.カメレオン君にWindows10のスクリーンセーバ機能と置き換える事が可能であれば、そのようなオプションがあれば嬉しいです。

    私はまったくの素人です。
    的外れな質問かもしれませんが、ご教授頂ければと思います。







1234/ Re[1]: カメレオン君へのお礼と希望
・投稿者/ Akky
・投稿日/ 2021/11/26(Fri) 19:41:35
・URL/ http://akky.xrea.jp/

    少し調べてみましたがどうやらbabbles.scrはWindows8から
    背景は表示されないように仕様が変更されたっぽいですね。
    理由は不明ですが他のスクリーンセーバーでも
    自動起動時は背景が取得できないとなると
    多分、実行権限がユーザの権限ではなくシステム系の権限で実行される為
    ユーザの画面のスクリーンショットが取得できずに
    表示できなくなってるような気がします。
    反面、ダブルクリック時はユーザの権限で起動するので問題ないと。
    なのでその辺の設定を上手く調整できれば今のままでも使えるんじゃないかと
    検証してみようと思いましたが何故だかこちらの環境では
    バブルが使えないようで設定しても起動すらしないので検証できずこれ以上は断念。
    ソフトのアップデートに関しても現状はセキュリティーホール以外の修正は
    無いものと思ってください。
    お役に立てずすみません。

1235/ Re[2]: カメレオン君へのお礼と希望
・投稿者/ classicjumbo 解決済み!
・投稿日/ 2021/11/27(Sat) 17:17:44
・URL/

    こんにちは。
    了解しました。
    他のソフトと組み合わせて、
    ユーザの権限での無操作時、自動起動方法を考えてみたいと思います。
    迅速な返信、ありがとうございます。



1223/ vb6.0作成したexeの場合、コールバックが走っていない
・投稿者/ li -(2021/01/23(Sat) 21:51:55)
・URL/

    【ソフト名】
     解凍ツールを勉強する
    【バージョン】
     922002
    【使用OS】
     Win7 Pro
    【開発言語】
     VB6.0
    【PC機種】
     Dell
    【質問内容】
     お世話になっております。liです。
    7-zip32.dllをご利用させていただきます。ありがとうございます。 
    こちらが外国人で、日本語が下手です、申し訳ございません。
     
    こちらは、指定のzipファイルをCドライブに解凍し、解凍状況を表示するようにWinFormsを作成したいです。
    解凍処理は、下記の2個APIを利用します、
     ・SevenZipSetOwnerWindowExでコールバック関数を指定する
     ・SevenZipでコマンド(-hide付いた)を実行する
     ・コールバック関数で、lpEis.exinfo.szSourceFileNameから解凍状況を受け取る

    問題:
    debugの場合、zipファイルが解凍できて、解凍状況が受け取ることができます。⇒OK
    実行ファイル(.exe)の場合、zipファイルが解凍できなく、解凍状況が受け取ることができません、エラーもないです。
    ただ、SevenZipSetOwnerWindowExをコメントしたら、zipファイルが解凍できます。

    ご指導、ご教授を宜しくお願い致します。




1224/ Re[1]: vb6.0作成したexeの場合、コールバックが走っていない
・投稿者/ Akky
・投稿日/ 2021/01/24(Sun) 23:40:59
・URL/

    その情報だけで原因を判別するのは難しいですが
    SevenZipSetOwnerWindowExで指定した_lpArcProc内の変数(EXTRACTINGINFOEX)が
    正常に初期化されてないのが原因ではないかと思います。

1229/ Re[2]: vb6.0作成したexeの場合、コールバックが走っていない
・投稿者/ li
・投稿日/ 2021/02/02(Tue) 11:43:32
・URL/

    >原因はコールバック関数で、StrConvを利用したので、異常が発生したと分かりました。
    >StrConv(lpEis.exinfo.szSourceFileName, vbUnicode)
    解凍状況が文字化けなので、StrConvで文字コードをunicodeに変換します。
    デバッグ時、解凍状況が表示できます。
    実行ファイル(.exe)の場合、"cannot allocate required memory"のメッセージが表示されました。ただ、StrConvを使わないと、解凍状況が表示できます。

    このメッセージが7zip32.dllから出しますか?何かの原因でしょうか?

1227/ Re[2]: vb6.0作成したexeの場合、コールバックが走っていない
・投稿者/ li
・投稿日/ 2021/01/25(Mon) 16:57:28
・URL/

    原因はコールバック関数で、StrConvを利用したので、異常が発生したと分かりました。
    StrConv(lpEis.exinfo.szSourceFileName, vbUnicode)

    もう一つ問題ですが、コールバック関数の引数(nState)の値が0/1/2の意味が難でしょうか?

1228/ Re[3]: vb6.0作成したexeの場合、コールバックが走っていない
・投稿者/ Akky
・投稿日/ 2021/01/26(Tue) 01:50:46
・URL/

    >もう一つ問題ですが、コールバック関数の引数(nState)の値が0/1/2の意味が難でしょうか?
    これです。

    --------------------------------------------------------------------------------
    処理の流れ
    --------------------------------------------------------------------------------
     処理される格納ファイルごとに次の1・2を繰り返す。

    1.ARCEXTRACT_OPEN(3) でメッセージを送出。
      szSourceFileName に処理する書庫名が格納される。

    2.ARCEXTRACT_BEGIN(0) でメッセージを送出。
      szSourceFileName, szDestFileName, ファイル属性, 更新日時が有効になる。
      最初に送信された際に dwFileSize, llFileSize ヘ処理が行われる
      ファイルの合計サイズが格納される。
    (合計サイズがオーバーフローする場合は 0xFFFFFFFF(-1) を格納)
      解凍時(e,x コマンド)は他の各メンバも有効になる。
      削除時(d コマンド)は送出されず、3を処理が終わるまで繰り返す。

    3.ARCEXTRACT_INPROCESS(1) でメッセージを送出。
    dwWriteSize, llWriteSize にこれまで処理した合計サイズが格納される。
    (dwFileSize が 0xFFFFFFFF(-1) の場合は dwWriteSize には全体の処理率を格納)
    処理中のファイルの処理が終わるまで送出される。
      場合によっては送出されない事もある。

      他に処理するファイルが残っている場合は2へ戻り
      すべての処理が終了した時点で4へ。(処理状況表示を消すタイミング)

    4.ARCEXTRACT_END(2) でメッセージを送出。
      lParam(_lpEis) は 0(NULL) が格納される。

1230/ Re[4]: vb6.0作成したexeの場合、コールバックが走っていない
・投稿者/ li
・投稿日/ 2021/02/03(Wed) 10:54:35
・URL/

    test.xlsxを7zip.exeでtest.zipに圧縮して、C:\に置く。

    デバッグで、解凍時、lpEis.exinfo.szSourceFileName値は「整瑳??x????????揩??0」となっています。
    exeファイルで、解凍時、lpEis.exinfo.szSourceFileName値は「整瑳??x」だけになりました、後半の"????????揩??0"が切れました。
    何かの原因がご存じでしょうか?

    何度も質問して、申し訳ございません。

1232/ Re[5]: vb6.0作成したexeの場合、コールバックが走っていない
・投稿者/ Akky
・投稿日/ 2021/02/03(Wed) 20:39:38
・URL/

    VBは使った事がないので良く分からないのですが
    EXTRACTINGINFO(EX)のメンバにStringを使ってますが
    これの定義の仕方ってこれで正しいのでしょうか?
    ここでメモリの破壊が起きてるような気がします。
    それから、文字列がUnicodeだったりASCIIだったりの変換で
    何か問題が起こってるような気がします。

1226/ Re[2]: vb6.0作成したexeの場合、コールバックが走っていない
・投稿者/ li
・投稿日/ 2021/01/25(Mon) 10:36:59
・URL/

    > SevenZipSetOwnerWindowExで指定した_lpArcProc内の変数(EXTRACTINGINFOEX)が
    > 正常に初期化されてないのが原因ではないかと思います。
    ⇒EXTRACTINGINFOEXの構造体定義を追記します。

    'EXTRACTINGINFO の構造
    '--------------------------------------------------------
    Private Type EXTRACTINGINFO
    dwFileSize As Long
    dwWriteSize As Long
    szSourceFileName As String * 513
    dummy1 As String * 3
    szDestFileName As String * 513
    dummy As String * 3
    End Type

    'EXTRACTINGINFOEX の構造
    '--------------------------------------------------------
    Private Type EXTRACTINGINFOEX
    exinfo As EXTRACTINGINFO
    dwCompressedSize As Long
    dwCRC As Long
    uOSType As Long
    wRatio As Long
    wDate As Long
    wTime As Long
    szAttribute As String * 8
    szMode As String * 8
    End Type

1225/ Re[2]: vb6.0作成したexeの場合、コールバックが走っていない
・投稿者/ li
・投稿日/ 2021/01/25(Mon) 10:20:06
・URL/

    ご回答、ありがとうございます。
    コードを追記させていただきます。
    画面ボタンをクリックすると、Moduleに書いたFunAを呼び出す、
    デバッグの場合、問題がないです。
    実行ファイル(.exe)の場合、解凍できなく、解凍状況が受け取ることができません。

    Public Function FunA(hwnd As Long, ByVal strFile As String, ByVal strDir As String) As Boolean
    '解凍コマンド
    cmdLine = "x " & strFile & " -o" & strDir & " -aoa -hide"

    'コールバック関数の指定
    blnRun = SevenZipSetOwnerWindowEx(hwnd, AddressOf callback)
    '解凍
    resCode = SevenZip(hwnd, cmdLine , sOutPut, 0)
    FunA = True
    End Function

    'コールバック
    Public Function CallBack(hwnd As Long, uMsg As Long, ByRef nState As Long, ByRef lpEis As EXTRACTINGINFOEX) As Long
    '解凍状況表示
    Form1.Label1.Caption=StrConv(lpEis.exinfo.szSourceFileName, vbUnicode)

    CallBack= True
    End Function

    確認したいですが、
    実行ファイル(.exe)の場合、解凍状況が受け取ることができない原因は何の可能でしょうか?




1216/ -i! にスペースが連続してあると解凍されません
・投稿者/ 竹内 -(2019/02/06(Wed) 12:58:06)
・URL/

    【ソフト名】
    7-zip32.dll

    【バージョン】
    9.22.0.2

    【使用OS】
    Windows7 64bit

    【PC機種】
    DELL Vostro 3460

    【質問内容】

    下記の様なコマンドを実行すると解凍されません。
    -i! のパスにスペースが連続して2つ以上あると解凍されない様です。

    x "c:\xxxxx\test.zip" -o"c:\xxxx\data\" -i!"sampe\test1 test2.txt" -y

    実行時のメッセージは
    ------------------------------
    No files to process

    Files: 0
    Size: 0
    Compressed: 4526835
    ------------------------------
    となっています。


    -i! のスペースが1つならば解凍されます。
    x "c:\xxxxx\test.zip" -o"c:\xxxx\data\" -i!"sampe\test1 test2.txt" -y


    本家の 7z.exe (18.6.0.0) に上記コマンドで解凍をおこなうと解凍する事が出来ます。




1221/ (削除)
・投稿者/
・投稿日/ 2019/02/20(Wed) 09:01:27
・URL/

1218/ Re[1]: -i! にスペースが連続してあると解凍されません
・投稿者/ Akky
・投稿日/ 2019/02/17(Sun) 22:30:17
・URL/

    返事が遅くなって申し訳ありません。
    再現出来ずに後でと思っててそのまま失念してしまってました。

    それで再度色々試してみましたがそもそもスペース1つでも解凍できませんね。
    本家のコマンドライン版の9.22と18.06にて検証してみましたがどちらも出来ませんでした。
    この場合はsampeフォルダ内の"test1 test2.txt"というスペースが含まれた一つのファイル名を指定した事になると思われます。

    ですので、正しいコマンドラインの指定の仕方ですが
    > x "c:\xxxxx\test.zip" -o"c:\xxxx\data\" -i!"sampe\test1 test2.txt" -y
    ではなくて
    x "c:\xxxxx\test.zip" "-oc:\xxxx\data\" "-i!sampe\test1" "-i!test2.txt" -y
    とスペースで区切らずに複数-iスイッチを指定すれば出来るみたいです。
    ついでにダブルクオーテーションはスイッチを含め全てを囲って下さい。

1219/ Re[2]: -i! にスペースが連続してあると解凍されません
・投稿者/ 竹内
・投稿日/ 2019/02/18(Mon) 17:12:30
・URL/

    回答いただきありがとうございます。


    すみません
    書き方がまずかったです。

    圧縮ファイル内は下記の様になっています。
    ■ test.zip
    └■ Sample
     └□ test1 test2.txt

    なので、"test1 test2.txt" というファイル名(スペースが2つ以上連続している)の
    ファイルを1つ解凍しようとしています。


1220/ Re[3]: -i! にスペースが連続してあると解凍されません
・投稿者/ Akky
・投稿日/ 2019/02/19(Tue) 12:19:20
・URL/

    詳細有難うございます、こちらでも再現できました。
    結局の所、""の囲む位置が問題になってますね。
    オプション含め全てを囲めば大丈夫です。
    ただ、本家のコマンドライン版においては9.22の時点でも
    ファイル名だけ""で括る方法もサポートしている様なので
    対応出来たらしていきたいと思います。

1222/ Re[4]: -i! にスペースが連続してあると解凍されません
・投稿者/ 竹内 解決済み!
・投稿日/ 2019/02/20(Wed) 09:01:59
・URL/

    ありがごうございます。

    -i!"sampe\test1 test2.txt"

    "-i!sampe\test1 test2.txt"
    とすることで、解凍する事ができました。

    助かりました!
    ご回答いただきありがとうございました。



1212/ zipファイル内の列挙で拡張子無しのファイルが...
・投稿者/ Crc -(2018/08/18(Sat) 11:35:47)
・URL/

    【ソフト名】7-Zip32.dll

    【バージョン】4.65.00.01

    【使用OS】Windows 10

    【質問内容】

    7-Zip32.dllを使おうとしている者です。
    WinAPIで言うファイルの列挙に相当するSevenZipFindFirst, SevenZipFindNextを用いる方法で
    書庫内のリストを取得する際、ファイルではあるが拡張子無しの場合、
    そもそも列挙されません。
    動的リンクをして(DLL管理する)クラスを定義して...とやっています。
    SevenZipOpenArchive関数をラップした関数の引数でDWORDの方をM_CHECK_ALL_PATHを渡し、
    パスワードがあるならそれをセット...のようにして列挙しています。
    例えば書庫内に

    myheaders <- ファイルとして。C++のcstdio, cstring, string, iostream のような状態
    main.cpp
    class1.h
    class1.cpp

    とあるとします。
    main.cpp, class1.h, class1.cpp は成功しますが myheadersは列挙対象にすら上がっていません。

    初期設定として SevenZipOpenArchiveで開いた後、FindFirstの方で一度取得。
    ERROR_PASSWORD_FILE が返ってきたらreturn。
    後は while( true ) で無限ループし、FindNextの方で取得。
    ERROR_PASSWORD_FILEが返ってきたときだけすぐさまreturn。 ( closeはしますが。 )
    それ以外はそのまま...

    と言う流れです。



1213/ Re[1]: zipファイル内の列挙で拡張子無しのファイルが...
・投稿者/ Akky
・投稿日/ 2018/08/20(Mon) 21:03:26
・URL/

    返事遅くなってスミマセン。
    多分ですが、SevenZipFindFirstで*.*を指定してませんか?
    これは拡張子を含むファイルを意味するので単純に*を使ってください。

    7-zipCMD.txtを参照

    7-zip32.dll は システムワイルドカードマスク分析をしておらず、
    *.* が全てのファイルを意味すると言う古い規則に従いません。
    7-zip32.dll は *.* を全ての拡張子を持ったファイルとして扱います。
    全てのファイルを処理するには * を使用しなければなりません

1214/ Re[2]: zipファイル内の列挙で拡張子無しのファイルが...
・投稿者/ Crc
・投稿日/ 2018/08/22(Wed) 10:30:52
・URL/

    返信遅れてすみません。
    あぁ、なるほど。確かに *.*とやっていました。

    対象ディレクトリ + "*.*"

    確かにこれでは...
    帰宅後試してみます。

1215/ Re[3]: zipファイル内の列挙で拡張子無しのファイルが...
・投稿者/ Crc 解決済み!
・投稿日/ 2018/08/24(Fri) 09:56:02
・URL/

    すみません。解決済みのチェックしていませんでした...
    (使い方がわからなかった...)



1205/ myoza
・投稿者/ Aあ -(2017/11/02(Thu) 14:33:35)
・URL/

    【ソフト名】
    myoza
    【バージョン】
    111
    【使用OS】
    10
    【PC機種】
    windows
    【質問内容】
    前まで無かった白線が毎回myozaに出てくるのは使用ですか。
    消す方法はありますか。



1206/ Re[1]: myoza
・投稿者/ Akky
・投稿日/ 2017/11/15(Wed) 11:23:53
・URL/

    返事遅くなってすみません。
    Windows10には対応してません。
    対応したいとは考えてますがちょっと難しいかんじです。



全ページ数 / [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19]



- Child Tree -